​指 導
 
 

【指導】
 
《指導の大まかな流れ》
 ①始業開始5分前。
 
  Zoomを起動し生徒の入室を待ちます。
 ②定時に入室を許可し始業。
 
 
 ③始業の挨拶
 例
 
 「こんばんは」等の挨拶。
 
 他愛のない雑談。
 
 ※約2~3分程度。省略可。
 ④前回の宿題の答え合わせ・解説
 ※宿題のない子は⑤へ。
 ⑤指導
 
 理解度確認のため、常に生徒の表情には留意
​ ※生徒のカメラとマイクは常時ONにさせる。
 指導中、勉強に無関係な話は極力避けること。
 
 ※稀に保護者から苦情が出る場合があります。
 ⑥宿題を指示
 
 ※宿題の有無および量は講師が決めます。
 
 
 ⑦次回指導日時の決定
 生徒の都合を聞き、次回の予定を立てる。
​ ※できるだけ同じ曜日、時間帯に。
 
 ⑧終業の挨拶
 例
 
 講師「これで今日の授業はおわります」
 生徒「ありがとうございました」
 講師「はい、頑張ってください」
 
 ⑨指導報告メール
 毎指導後30分以内に指導報告メールを送信。
 件名=講師名・生徒名
 本文=指導日時・生徒氏名
    
    指導科目・次回指導予定日時
※他に何かあればこのメールに付記。
 
★指導報告メール忘れ。
 
 その分の給与は出ません。
 
​ ご注意ください。
【指導上の注意】
開始時間過ぎて生徒の入室がない場合。
 
終了時間まで待機してください。
時給の半額をお支払いいたします。
生徒が遅れて入室した場合。
 
延長せず終了予定時間で終了してください。
理解力の足りない子やヤル気のない子。
 
根気よくのんびり教えてください。
【お休み】
 
一人の生徒の指導。
 
原則、週1回(月4回)または週2回(月8回)。
 
 
日曜・祝祭日・お盆・正月はお休みです。
【急なお休み】
 
◎講師が急用等で万一​休む場合。
 
 塾に電話連絡してください。
 
 生徒へは塾から連絡します。
 
◎生徒からの休みの連絡は塾で受けます。
 
 前日までであれば講師の携帯にメール。
 
 当日であれば電話します。
その他、具体的な指導法等はWEB研修で。
職務規程
​進学塾  晃学館 福岡市南区中尾3-37-1
Copyright © 晃学館 All Rights Reserved.